理想の注文住宅を町田市で建てるための住宅会社ガイド

町田建太・建子
町田市おすすめ注文住宅HOME » 注文住宅で理想を叶える3か条

注文住宅で理想を叶える3か条

理想の注文住宅を叶えるために知っておきたい、費用・間取り・耐震性の知識をまとめました。

注文住宅を建てる前に知っておきたい基礎知識

これらは、私達がマイホームを建てた過程で、とても重要と感じたポイントです。失敗しない家づくりのためにぜひ参考にしてください。

1)注文住宅にかかる費用の総額を知るべし

貯金箱

このページでは、注文住宅を建てる際にかかる費用を紹介しています。

予算を決める時に必ず把握しておきたいのが、注文住宅の総費用です。

建設費用と土地代以外にも、諸費用が発生します。諸費用には税金や手数料、引っ越し費用など様々なものが含まれ、土地・建物を合わせた価格の10%ほどと言われています。

費用を最初に細かく計算しておくと、自分たちに最適な建物のグレードや土地の広さをイメージすることが出来ますので、まずは費用を計算してみましょう。

2)家づくりの骨格・間取りへの知識を深めるべし

ペンと消しゴム

間取りは、住まいの骨格ともいえる大事な部分です。

注文住宅の最大の魅力は、自分たちの好きなように間取りを設定できることですよね。

家族のライフスタイルを考慮しつつも、自分の趣味の部屋をつくろうかとか、子供部屋はどうしようとか、生活動線はどうすればしっかり確保できるのかなど、家族で話し合う機会も増えてくることでしょう。

なので、ここでは間取りづくりにおいて、どのような点に注意して決めていけばいいのか、知っておきたいポイントなどをチェックしていきましょう。

3)地震に強い家とは?耐震性・耐久性の関係を知るべし

住宅の耐震性を高めるには、耐久性も無視できません。

ここで知っておきたいのは、耐震性はあくまで調査時の性能なので、将来にわたって保証されるものではないということ。

つまり建物の劣化によって、耐震性は変わってくるのです。耐久性に優れ、劣化しにくい住まいであれば、地震への強度を長くキープしてくれます。

また、木造軸組工法やツーバイフォーなど、構造の種類によって耐震性に差が出るので、構造についても知識を深めておきましょう。